4/06/2015

Studio Visit: Rui Tenreiro

stockholm_96


こんにちは、社会人2週目をむかえましたマツウラです。
毎日学びの連続で、ふわふわといろんな考えがでてきて、
頭の中がとっても忙しいです。
これが「初心忘れるべからず」の初心。きちんとノートに書いておきましょうね。

さて、とんでもなく間が空いてしまいましたが、
今回は『ストックホルムの旅』第3回 Studio Visit
イラストレーター/アートディレクターのRui Tenreiroさんのスタジオを訪ねました。

Rui @tenreiruiとは、前のポストでも書いたように、Instagramで出会いました。
そして今回の旅で一番お世話になった人のひとりです。
出発前からメールでおすすめリストを送ってくれたり、
友達をたどって、私が泊まれるところを探してくれたりと、
本当に感謝してもしきれません。

というわけで、今日はそんな心優しいRuiの作品とともに彼のスタジオを紹介します。


stockholm_91


Rui Tenreiro
- a Mozambican author, illustrator and art director
living in Stockholm, Sweden

現在ストックホルムを中心に、
イラストレーター/アートディレクターとして活躍しているRui。
彼のスタジオは、ストックホルム中心から少し南にいった
Liljeholmen駅から数分のところにあります。
現在このスタジオでは、Ruiの他に4人のデザイナーが活動していて、
日本人テキスタイルデザイナーの森山茜さんもその一人です。

大きな窓から、たっぷり差し込むひかりが印象的な彼のスペースは、
きちんと整頓された、世界各国の本や写真集であふれていました。


stockholm_90


この本が、彼の最初の作品 LA CELEBRTION
すでに4カ国語に翻訳され、それぞれ異なる表紙で出版されています。
『祝賀』と題されたこの物語の主人公は、鳥の悪魔。
繊細な線で描かれる不思議なイラストが、物語をいっそう謎めかせます。
「一体どの時代なのか、舞台はどこか」
読み進めていっても、どの時代のどの国なんて、まったく特定できません。
途中、日本らしい提灯やふすまが描かれますが、
人は西洋の格好をしていたりと、いろんな文化、時代が混ざり合いとっても不思議。


stockholm_89


そんな彼に好きなアーティストについて尋ねると、
竹久夢二をはじめ、漫画雑誌『月間漫画ガロ』のつげ義春やADの石岡瑛子などの
多くの日本人アーティストの名前があがりました。


stockholm_92


また映画監督では、日本の小津安二郎をはじめ、
フィンランド出身のAki Kaurismäkiや、アフリカセネガル出身のDjibril Diop Mambéty
スウェーデン出身のRoy Andersonなど日本だけではなく、
さまざまな国の文化からも影響をうけているそう。


stockholm_104


そんな彼の故郷は、スウェーデンではなく、
アフリカ南東部に位置する、モザンビーク共和国。
親の仕事の都合もあり、
ポルトガル、南アフリカ、イギリス、ノルウェー、スウェーデンと、
幼い頃から各地を飛び回る生活をしていたそう。

Ruiの不思議な作品の背景には、そんな彼の過去がありました。


stockholm_103


日本には、二度訪れたことがあり、
一昨年は、アジア最大のアートブックフェア『TOKYO ART BOOK FAIR
にも出展していて、2度目の来日はそのためだったとか。
下が、そのとき出展した作品。


stockholm_105

stockholm_102


「あ、そうそう」とRuiが部屋の奥から徐に引っ張ってきたのがこちら。
彼もまた前の記事で書いたKonstfackの卒業生で、
これは当時制作したテキスタイルデザイン。


stockholm_94


真っ青なプリントは、日本の藍染めをイメージしたらしく、
デザインのストーリーも、戦時中の日本のよう。
空を覆う戦闘機に、山を越えてゆくゴジラのような巨人。
はじめかわいらしいデザインと思ったのが、一瞬にして怖くなりました...

こういう要素も彼らしさ。


stockholm_95


「じゃあ最近のモノもみせようか...」と、
次から次へと新たな作品を引っ張りだしてきては、
丁寧に説明してくれました。


stockholm_93


静かで穏やかな話し方が、どこか日本人らしくて、
なんだか、私より日本人らしいな、なんて思いました。笑
そんな彼がほぼ毎日作業着として着ている、この青いジャケット。
なんとmade in Japanでポケットなどに着物の端切れなどが使われています。
ああ、日本人より日本人だ。


stockholm_110


次回は、もっと彼の日本人らしさを感じた、かき氷やさんRullator。
おたのしみに。

ではまた。





3/31/2015

Fresh start with new design

sakura

Hi there, how are you doing?
The air is fresh and sakura are fully blooming. 
It's officially spring.

Sorry about the silence here over the past few weeks.
I just realized that it's the last day of March.
Looking back at my spring break, i can say that it was the most productive one for me.
Almost three months of my last moment as a student…
If you know me, i never have an empty plate, traveled to Stockholm, 
got a driver license, met bunch of inspiring people, graduated from university.
and here i am… I'm on the next chapter of my life as i start working for a magazine company in Tokyo.
I'm pretty sure that i'll be super busy and I'm definitely not as up to date on my blog as i'd like to be.
But, i'll try to blog as much as i can!

 Another big change.
As most of you might notice, i just renewed my blog design!
It has been already four years since i started this blog "mayanoue no okra".
I can barley believe it. When i started this blog, i was just a high school student.
I didn't even know i would still be blogging all these years later.
 I could have never imagined that it would connect with bunch of inspiring people 
and help me follow my dreams. There are tons of things that i never could have if i didn't have this blog.
 It changed me in so many ways for the better.

I want to thank you all for stopping by and reading my blog.
Stay tuned !


こんにちは、春の陽気にぼ〜っとしていたら、
風に舞った桜の花びらが口にひらりと入ってきました、マツウラです。
嘘のようでほんとの話なので、自分でも「ねえ!みて!!」と言いたいとこでしたが、
生憎ひとりでした。ま、そのくらい世間は、春爛漫です。

しばらく更新せずにいたら、いつのまにか3月31日。
無事、大学を卒業し、長い春休みは終わり、気づけば明日は入社式。
言うまでもなく、それはそれは盛りだくさんで愉快な4年間でございました。
本当にたくさんの人に感謝です。

明日からは、都内の出版社で、社会人一年目がはじまります。
とんでもなく忙しいと心の準備はしていますが、
これからも好きな写真とブログは続けてゆきます。

そうそう、みんなお気づきかしら?
ブログのデザインを一新いたしました。
いつも何周年記念とかやるの忘れちゃって、
いまいち何年目とか書いてきませんでしたが、今年で4年たちます。わーお...
大学受験が終わった翌日、ひとり部屋にこもり作成した"mayanoue no okra"
今思うとなんでこんなタイトルなのか謎...
あの時はこのブログがまさかここまで続くなんて思ってもみなかったです。
もう消したくなるような恥ずかしい初期の投稿や、
更新がとぎれたりした時期もありましたが、それも全部まとめて自分の足跡。
きっと、この投稿もあと1年後には恥ずかしくなるかもだけど、
それはそれでよいの。続けないと見えないものがあるからね。

そして、このブログを続けてきて一番大きなことが、
たくさんの素敵な人に出会えたこと。
「ブログをみて、ぜひ話したいと思いました」
去年くらいから、決して多くはないけど、そんな嬉しすぎる言葉がちらほらきて、
素敵な人たちと会うきっかけになったのも、このブログ。

つたない文章でも、ひょろひょろの写真でも、
何かをアウトプットしていれば、そこに「お?」とひっかかってくれる人がいる。
ネットでいくらでも発信できる時代だもの、
もっと発信して、面白い人と出会いましょ。
(表現力なさすぎて、なんか軽くなっちゃう…笑)

というわけで私は、
自分が思ったことを自由に表現できるような文章能力をはやく身につけて、
「へ〜面白いじゃん」「ほ〜美しいね」って思ってもらえるようなものを
発信できるように、これからも精進してゆきます。


そして、今回デザインを担当してくれた友達でwebデザイナーのひかるちゃん。
島に行ったり、バイトしたり、また島に行ったり、
多忙な日々の中、リニューアル手伝ってくれてありがとう。



それではみなさん、これからも mayanoue no okra をよろしくお願いいたします。

ではまた。


3/08/2015

School Visit: Konstfack with Amanda

stockholm_65


 Hi there, how are you doing?
Today, I'd like to post School Visit: Konstfack, University College of Arts, Crafts and Design.
This was definitely one of the highlights of trip
- meeting up with Amanda Berglund @amanda.berglund,
a talented graphic designer/illustrator, who was just an Instagram friend until this point.

こんにちは、路上の運転もはじまり明日はいよいよ高速教習、マツウラです。
想像以上に運転に苦戦しています。一体いつ帰れるのだろうか…
そんなことを考えていたら、いつのまにか3月になっていました。

そして今日もまたストックホルムの続きです。
今回は、グラフィックデザイナーのAmandaが案内する、
スウェーデン国立美術工芸大学Konstfackです。


stockholm_40


We met up at Slussen station and walked to Monteliusvagen.
The path is lined with lovely old houses and a beautiful view.
After exploring the city, we had lovely Fika at one of the great cafes, Pascal.

お昼過ぎ、AmandaとSlussen駅で待ち合わせて、周辺をふらふら。
彼女とは、数年前からInstagramでフォローしあう仲で、
もちろん会うのは、今回がはじめて。
この日はAmandaお気に入りのお散歩コースを教えてくれました。
おすすめのカフェPascalでselmaを食べながらしばしおしゃべり。




2. School visit : Konstfack with Amanda


stockholm_46


Then, she gave me a tour of Konstfack, the school she goes to.
Since some of my friends graduated from there, I've always wanted to visit.

Konstfack is located right in front of Telephonplan Station.
Just like it sounds, the building used to be the former Ericsson telephone factory.

そのあと、彼女の通うKonstfackへ。
キャンパスのある一帯は、昔、電話会社エリクソンのビルがあった場所で、
現在はその建物が改築され、Konstafackのキャンパスをはじめ、
オフィスやアパートとして使われています。
駅名も、Telephonplanといい、電話会社時代の名残が感じられます。


stockholm_47

Kostfack is the largest university college of arts, crafts and design in Sweden.
One of the famous illustrators, Tove Jansson, who creates the Moomin book series,
also studied at Konstfack in 1930-33.

Konstfackは、ヨーロッパでも有数の芸術大学で、スウェーデンでは最大。
あの、『ムーミン』を生んだ Tove Janssonもここで学びました。
卒業生には、日本人にも愛されているテキスタイルデザイナーのStig Lindbergなど
多くの有名デザイナーを輩出しています。
今回会った、イラストレーターのRuiもその卒業生のひとりです。


stockholm_49

Most of the students have work experience in some art fields before entering Konstfack.

高校からそのまま入学できる人は少なく、一度大学を卒業した人や、
デザイン事務所やフリーランスで社会経験があるひとが大半。
Amandaも一度、広告関係の仕事をしたのち、去年ここに入学しました。


stockholm_69


Each class has about 8 to 10 people and they have their own desks just like at an office.
Also, they are fully equipped kitchens for hard working students. Cool.

クラスは8〜10人と少人数。
学生には、オフィスのように、ひとりひとりデスクがあり、
学科の教室ごとにキッチンもついています。


stockholm_63

stockholm_70


Kostfack is also famous for their well-equipped workshop.
They have computer labs, graphics workshops, photographic and TV studio,
screen-printing and textile printing facillities… i can't even write it all down here.

機材なども驚くほど充実していて、話題の3Dプリンタをはじめ、
数百年前の活版印刷機など、ヨーロッパでも最大級の設備を完備しています。


stockholm_50


stockholm_48


stockholm_51


stockholm_57


stockholm_56


stockholm_55

stockholm_54


今回は、Amandaの学ぶグラフィックデザインの教室の他に、
金属加工室や木工室、陶器室などなどもちらりとのぞかせてもらいました。


stockholm_53


stockholm_52


stockholm_62


stockholm_60


校内が広いため、移動にキックボードを使う人もいるとか。


stockholm_61


stockholm_64


毎年12月にキャンパスで行われるクリスマスマーケットは、
最寄りの駅までつづく長蛇の列ができるほど、
ストックホルム人気のイベントになっています。


stockholm_59


それ意外にも、学生たちの作品展示・販売のブースが期間限定でオープンしたりと、
毎日何かがおきているのが、このオープンスペース。
今回は、PopupのKONSTFACK STOREがほんの数時間だけオープンし、
学生や、外部からのお客さんでにぎわってました。


stockholm_67


After the quick tour, Amanda and her boyfriend, Erik gave me their beautiful zine.
They released a zine called "RAINY DAYS" about 3 months ago.
It features illustrations about rainy days made by some of their creative friends.
As it happens, they risoprinted the zine at Peow Studio, which is run by my friend, Patrick.
Such a small world! It literally blows my mind sometimes.

ぐるりと一通りツアーが終わったあと、
Amandaが同じくKonstfackに通う彼氏のErikと制作したzineをプレゼントしてくれました。
"RAINY DAYS" いろんな人の雨の日の過ごし方が、
ふたりのすてきなデザインとイラストレーションで綴られています。


stockholm_66


You can visit her blog to see the behind the scenes.
The zine is available here. http://rainydayszine.bigcartel.com

彼女のブログにも制作秘話が。Blogはこちら
もし欲しい方がいましたら、ここから買えますよ。


stockholm_68


そして、突然のセーラームーン!
そんなおちゃめなAmandaちゃん、
なんと、彼氏と暮らすアパートに招待してくれました。
数日前にふたりがYasuragiでみつけた、健康になりそうなハーブティーで、
しばし3人でおしゃべり。彼女の故郷ダーラナ地方のはなしからはじまり、
将来の夢なんかまで語り合ってました。


stockholm_71


Thank you so much, Amanda & Erik.
Hope to see you soon in Japan.
I'll be your tour guide in Tokyo then.

すてきなふたりに感謝。
Amanda & Erik ほんとうにありがとう。
また日本で会えるのを楽しみにしてますよ。
お待ちしております。


Thank you for stopping by. 
The next post is gonna be  3. Studio Visit: Rui Tenreiro.
Stay tuned!


というわけで、Konstfackツアーはおしまい。
目にするもの全てがinspiringで終始わくわくなマツウラでした。
冬にストックホルムを訪れた際は、ぜひKonstfackのクリスマスマーケットへ。

次回は、イラストレーター/アートディレクターのRuiのスタジオへ。
おたのしみに。



See you again. 





2/26/2015

Exploring Stockholm

stockholm


Hi there, how are you doing?
well, some of you may know through my Instagram, I'm in Okinawa for driving school.
The weather is amazing. It's 24℃ outside and feels like summer already.
I'll be stay here for about 2 weeks to get a driver license. 
Hopefully, i can pass the final exam and fly back to Tokyo in 2 weeks.

Anyway, today i'd like to post some random photos from my trip to Stockholm.
Back to winter !

こんにちは、結構な割合でウチナーンチュに間違われています、マツウラです。
はい、5日ほど前から沖縄に来ています。人生初の沖縄です。
ただのvacationじゃないですよ、免許合宿です。
ぼーっとしてたら一ヶ月くらい居てしまいそうなので、頑張らなくては。

というわけで、もの凄い気温差ですが、
今日は、常夏の沖縄から、極寒のストックホルムの話を書きますね。

今回は、第一回。私がみたストックホルムです。


stockholm_7


― ストックホルムおすすめ格安ホステル ー

The City Backpackers Hostel for the first 2 night

検索キーワードのようなタイトルですが、
最初の2日間は、今回もやっすーいホステル。
The City Backpackers です。ロンドンで泊まったThe Dictionaryにどこか似ていて、
ポップでヒップな (ヒップでポップ?な)、格安ホステルです。
今回は、定番の2段ベット4人部屋に滞在しました。

ロンドンのDictionaryの8人部屋がとてもカオスだったのを覚えてますが、
こちらは、オフシーズンだったせいか、とっても静かで過ごしやすそうでした。
ただ地下にあるため、窓がなく冬眠している感はありました。笑

でもね、4人部屋には窓があります。
朝、6時くらいに目が覚めたら、窓の向こうはまだ青かったです。


stockholm_6


「なーんだまだ夜じゃない。」って布団でぬくぬくしていたら、
少しずつ部屋にあかりがはいってきました。


stockholm_8


stockholm_9


凍った道を慎重に走る自転車のおばさんや、
颯爽と風をきって歩いていって、つるっと滑ってしまったお洒落なお兄さんを
まだうす暗い部屋から、ぽわわ〜んと眺めてました。


stockholm_10


ながーい朝を過ごした後は、とりあえずしっかり防寒し、
googlemapをたくさんスクショして、街へ。


stockholm_163

walked around the old town, Gamla Stan.


― 古い町並みが残るGamla Stan ―

まずはストックホルムの中心地から、
国会議事堂のある、小さなヘランズホルメン島を抜け、
古い町並みが残る、ガムラスタンへ。
Gamlaは「古い」Stanは「街」という意味だそう。そのままなのね。

まだ10時まえだったこともあり、観光客はほぼゼロ。
知っている方も居ると思いますが、
ここGamla Stanは『魔女の宅急便』の舞台になったところなんです。
細く入り組んだ石畳の路地は、地図なしにただふらふら歩くのが一番ですね。
これはベネチアで学びました。

で、ふらふらしすぎて気づけば行きたい方向と真逆に進んでいました。
ひとりでふらふらするのは大好きですが、方向音痴です。かなりの。
でも、まあ一人で居る限り、誰にも迷惑はかけていないので、
迷っても迷ってないことにしてます。
"It's meant to be"だってね。


stockholm_14


 Fika at Kaffekoppen

ふらふらした後、たどり着いたのは、とっても有名なカフェKaffeKoppen
噂によると、たいてい観光客でいっぱいらしいのですが、ちらっとみてみると、
なんと白髪のアジア系おばあちゃんがひとり。
ちょっと朝早いだけで、何かと特ですね。

というわけで、あまーい朝ご飯を食べました。
味は、え〜、、ふつうです。
でも雰囲気で美味しさはプラスされてました。

あとね、テーブルの上のろうそくに本物の火が灯されているのですが、
気を抜くと、髪の毛が燃えそうでした。笑


stockholm_15


そのあともふらふら。

※ あ、ここから時系列ぐちゃぐちゃです。



― オフィスの大きな窓 ―

ストックホルムの街をあるいて思ったのですが、
窓が大きい。気のせいかもしれません。笑
でも、働いている人が通りからでも、もの凄くよく見えます。
職人さんに限らず、デザイナーや事務的な仕事だって、
働く姿がよ〜く見えるんです。働く人の気分転換にもなるし、
外と内がきっぱり分かれてないのがなんだかよかったです。
だからこうやって、「はぁ〜ん」って言う瞬間だってみえちゃいます。
お疲れさまです。


stockholm_1


 ― お店に並ぶかわいい子たちSemla ―

You can't miss Semla if you find yourself in Sweden this time.
i don't even remember how many i had it during my stay.

そうそう、この時期のスウェーデンでこれは忘れてはいけません。
この見た目もかわいらしい、Semla (セムラ) です。
Semlaはスウェーデンの伝統菓子のひとつで、
今ではクリスマス明けくらいから、2ヶ月間くらい食べられている期間限定ものです。


stockholm_45


歴史は深く、昔スウェーデンでは復活祭の40日間断食をやっていて、
Semlaはその断食前のごちそうだったそう。
今では断食がなくなっても、Semlaを食べる文化は残っていて、
毎年この時期になると、街のお店ではこのかわいこちゃんたちがたくさん並びます。
こんなかんじに、整列してる姿がいとおしい…

味も、甘いパンにアーモンドペーストとホイップクリームが挟まっているだけで
とてもシンプルなんですが、私はもう惚れています。
お店によって、味も見た目も違うので食べ比べると楽しいですよ。
私は、Amandaに連れて行ってもらった、PASCALが一番好きでした。(写真上)


stockholm_76


Fika at Drop Coffee

そして Fika 続きで、コーヒー屋さん Drop Coffee
ここは、コーヒーマスターたちが口を揃えてよいというので、行ってきました。
お洒落なお兄さんやお姉様、そしてお洒落な子連れママパパで店は満席。
3度目くらいでやっと席をゲットし、ラテをいただきました。
私深いことは分かりませんが、ふつうに美味しかったです。ごちそうさま。
でもね、残念だったのが接客。
人気のお店で忙しいのは分かるけど、「え、」ってほど雑でした。
あと、待ってるベビカーを連れたママたちの目線が痛い。

というわけで、ゆっくりはできないところでした。
でもね、お店はカリタをはじめ、made in Japanで溢れてて、
なんだか嬉しくなりました。だから、ま、おっけい。


stockholm_88


写真はないですが、近くのPapercut っていう本屋さんは、
いけてる雑紙が壁一面にあって楽しかったですよ。
日本の雑紙もいくつかありました。


stockholm_44


― パパと子供たち ―

街を歩いていて、もうひとつ思うこと。
ベビーカーをおすパパの多さです。
北欧のスウェーデンは社会保障が充実した国というのは、有名な話ですが、
本当にそれを強く感じました。
イクメンなんて言葉はないですよ。子育てはふたりでしていくもの。
友達のAmandaも言っておりました。
交代で育児休暇をとり、ママが働いているときはパパが子供たちの面倒をみます。
だから、公園やカフェにはパパたちの集いができていて、
子供たちにかわいい声で話しかけてるパパをたくさんみました。


stockholm_3


― ストックホルムの地下鉄 ―

そうそう、ストックホルムのメトロはこんな感じ。
駅内のアートが有名ですが、あいにく写真はありません。
あと、あまりアートのあるラインを使わなかったんですよね。
Instagramにはちょろっとアップしています。

それよりも、車内の設備に感動。
優先席はもちろんですが、乗り降りし易いよう、手すりがたくさんあります。
そして、ベビーカーでの乗車では、そのベビーカーをおす大人一人分は無料だそう。
なんて素晴らしいの。


stockholm_74


レトロな車両はこんなかんじ。
なんだか美味しそうな色合い。


stockholm_79


stockholm_77


― あちらこちらにヤーパン―

ヤーパンは、Japan。日本のことです。
前から、ブログやインスタでもスウェーデン人が
日本文化に興味があるのは知っていましたが、
実際にみて改めてびっくり。

こちらは、牛乳のパッケージ。
スウェーデンで乳製品といったらAlra社は有名ですが、
よくみると「ONAKA 穏」の文字が。
これは牛乳というより、飲むヨーグルトに近いとか。

ちなみに、いまでは定番となったこの牛乳のテトラパック。
誕生したのは、スウェーデンなんですって。
びっくり。


stockholm_80


続いてこちらは、ストックホルム郊外にある温泉施設 Yasuragi の浴衣。
実は私、スウェーデンに行こうと思った最初の目的は、
ここYasuragiでのインターンでした。でも、あいにく募集はしておらず、
一生懸命かいた履歴書は自動返信で返ってきました。笑

で、この Yasuragi スパホテルのなっていて、
日本人の建築家、笠島洋二さんが設計した建物には、
銭湯をはじめ、鉄板焼き屋さんや日本庭園があります。

知ったきっかけは数年前、
私がずっとフォローしていたストックホルムのブロガーの記事にて。
その当時の記事はこちら

なんでも、この浴衣は持ち帰り可らしく、
お家でバスローブのように使うのが、粋だそう。
Amandaのお家にもありました。


stockholm_72


― 暮らすように旅する ―

最近いろんなとこできく「暮らすように旅する」という言葉。
私は旅行で行っても、地元の人な感じをだしたい人なので、これに近いですかね。笑
まず、初日にたくさん歩き、地元の人をひたすら人間観察。
翌日からどんどんまねしていきます。笑
あとスーパーにゆきます。できれば自炊をしてみます。(普段そんなにしないのにね、)

今回はRuiのすてきなお友達PatrickがNYへ出張の間、
「僕のアパート住んでていいよ〜」っということだったので、
残りの5日間はここで生活させていただいきました。


stockholm_82


前の夜みんなでバーで飲んでたとき、彼がぽそっといった言葉が素敵でした。
「airbnbとかで人の家に簡単に泊まれる時代になったけど、
昔はその間にお金なんてなかったのにね」って。

もう彼には感謝の気持ちでいっぱいです。
私も誰か宿がなくて困っている知り合いがいたら、歓迎します。

ps: Patrickがやっているスタジオのページもここからチェックできます。
PEOW STUDIO


stockholm_73


そして気持ち悪くなるほど物価の高いストックホルムでは、
スーパーが旅人の味方です。ま、どこでもそうか。


stockholm_83


これお店で食べたら3倍くらいするんだろうな〜とか思いながら、
おいしい朝ご飯を食べました。
ちなみに、この美しいプレートはPatrickのお母様の手作りでございます。


stockholm_5



というわけで私がみたストックホルムはこんな感じです。

空気はひんやり、ギラギラの太陽はないし、街はどこか静か、
でも屋内と、人はとんでもなく温かかったです。

こういうまとめよくありますが、この通りなんだもの。
あとね、屋内が温かいのも本当。
東京より寒いはずなのに、そんなに「さっむ!」って苦しまなかったです。



あ〜久々にこんなに文章書きました。
ここまで読んでくれた人がもしいたら、ありがとうございます。
嬉しいです。


stockholm_161



最後は、ぼーっと眺めてたら涙がでてきた夕焼け…で。
冬の夕日は美しいね。

well, i'm sorry that i didn't write much in English.
But in the next post, i'll post about Konstfack with English texts.
so stay tuned!

というわけで、次回はAmandaちゃんが案内する、
ストックホルムの有名芸術大学Konstfackについて。

お楽しみに。



See you again.

ではまた。



Powered by Blogger.