10/07/2014

london_5


Hi there, how are you doing?
Today I'm back to share some random photos of people in London.
( I spent about a week trying to make the selection for this post… )

well, some of you might have seen the past post about the photography course.
i took the summer short course at Central Saint Martins for 2 weeks.
We had assignments every single day, which was a bit intense for me.
so basically, what i did was walking around and take photographs.

After a couple days, i found it interesting to take photographs of people.
But at the same time, i had a feeling like… "Do i need to ask permission before a photograph? "
I was not really comfortable taking photographs of strangers without asking.
Like… what if i was the person being photographed out of blue….
But if you ask them, the moment  may be gone...
So this has been the hardest thing for me about street photography.
Sometimes i asked people, which was really hard for me at first.
Sometimes i just snapped away, which i had to cause i didn't wanna miss the moment.

こんにちは、先日親知らずを抜きました、マツウラです。
腫れもおさまってきたので、今日はロンドンの写真を。
写真多すぎて選ぶのも編集するのも大仕事です。
ま、この時間も楽しいんだけどね。

前の記事読んだ方は知ってるかもですが、
私、ロンドン芸大のCentral Saint Martinsで写真のサマーコースをとっていました。
2週間でしたが、毎日課題が出て、とても濃いものでしたよ。
だから、放課後はほぼカメラを担いでロンドンの街をふらふら。
朝早起きして授業の前に写真撮ったりもしたわね。

そんな日々をすごしてたら、street photographyってなんて面白いんだろって改めて。
でも同時に、いろんな不安が。「撮影する前に人に聞くべき?」
とかね、そういうの。難しいでしょ。
何も言わずに撮り逃げみたいになるのも嫌だし、
聞いててその撮りたかった瞬間を逃すのだって嫌だ。

てわけで、しばらく悩みながら撮ってました。
「あの〜」って人に聞いてみたり、
「ちょ、動かないで〜」とか思いながら、遠くからこっそり撮影したり。



london_6


So I've tried different ways to photograph strangers.
Asking people is hard but most of the time it ends up with interesting stories.
Obviously, the top two photos were taken after i asked them.

OK.

i just found out they are famous artists in London, called Gilbert & George.
I'm so so so sorry about my lack of knowledge….
They studied sculpture at Central Saint Martins!
wow… i just can't believe i didn't even know that they're famous artists.
i mean they didn't even tell me that. oh no..
crazy world...


いろんな方法を試しました。
で、思ったのは、人に聞いてから撮るのは、いろんな意味で面白い。
お分かりの通り、上の写真2枚は、「あの〜」って声をかけて撮影させてもらいました。

はい!!失礼致しました!!

彼ら、世界的に有名なアーティストでした。
Gilbert & Georgeという名で、パフォーマンス・アーティストとして活動していて、
なんと2人は、Central Saint Martins在学中に出会ったとのこと。
何と言う偶然。しかも今知ったという事実。
大変失礼致しました。申し訳ない。
だって、彼らいろいろ話したのにそんなこと言ってくれなかったし。。
ま、「わたし、有名な芸術家です」なんて名乗る有名な芸術家いませんもんね。

wikiによると、自分自身を「生きる彫刻 "living sculpture"」と称して、
2人で公衆の場に出る際は同じようなスーツで一緒に表れるそう。



で有名人ともしらず写真を撮っていたら、
知らないおじさんが「ぼくもうぇ〜い!」って。笑

"こうやって、声をかけなかったら聞けないストーリーが
カメラを通して、聞けるって素敵だなって。"

って、書こうとしましたが、声かけて、話をきいても、
彼らがそんな有名なアーティストだったなんてこと、知らなかった私。
でも、思い切って声かけたから、こんなcrazyなことが起きたわけで、
これもカメラをもっていなかったらなかったことで、
つまり、street photoっていいな。なんて無理矢理まとめてみた。笑

(お風呂上がりに、この事実を知り、驚きのあまり裸で書いてます。変態)





london_6


But after trying some methods, i found it more interesting to take photos without people noticing me.
It's all about the moment. I just don't want to miss the moment. We can ask later.
 One of the great things about street photography is that we can freeze and capture the moment.
so many things are happening everywhere. so many dramas.
It actually feels like i'm watching movies.
We never run out of subjects. just grab your camera and walk around the city.


でもね、やっぱり私は気づかれずに撮る方が好きかもです。(変態ぽい?)
私が撮りたいのは、ひとつの瞬間かな、て。
「すみません〜」って声かけて、その瞬間を逃したくないのです。
どうしても気になるなら、あとで聞けばいいかな。

Street photographyの素敵なところって、
世界で起きてるたくさんのドラマの一瞬をおさめられることかなって。
ほんと、ファインダーごしに街をみてると、
なんだか映画のワンシーンを見てる気分になるのよ。
ちょっと自分勝手かもだけど、その一瞬を切り取って、
この人…って、想像したりとかね。変態。笑

でもたぶんそんなようなこと。

絶対ひとりひとり、いろんなストーリーがあるだろうけど、
あえて聞かないってのもあり。かな?


london_3



london_10



london_102



london_12



london_8



london_98



london_109



london_112



london_115



london_114



london_11



london_68



london_50




london_2



Love people in London.





Thank you for stopping by.
See you again!





Powered by Blogger.